Jump to Content
ピート / PEATED

29.206

発売日 2017.6.27
熟成年数 19 Years
蒸留年 11 / 1996
カスク Refill Hogshead / Bourbon
地域 Islay  
ボトリング本数 234
アルコール度数 49.8%

タイトル: Popeye at Trafalgar / ポパイ、トラファルガーにて

嗅いた事のないハーブの香りを表してる、柔らかいフルーツ、粘板岩、レモンかけの牡蠣とアンチョビの酢漬け、1人の委員が、トラファルガーで敵の船を燃やすことを想像した(木材、タール、籐、カノン、火薬)。味わいはブラック・ジャック(リコスとブラックカラント)、ラベンダーの香水とほのかにハーブ、それは甘く、スモーキー、塩味のコンボで確実に秋のアダムとイブより汚い楽しみだ。香りの減少はむしろ男性的で、潮だまり、マッチ箱、ラジエーターの湿っぽい羊毛のジャンパーそしてシャクルトンの小屋の乾燥ペンギン。味わいは減り、リコリス、乾いた灰とオリーブオイルそれは確実に目玉が転がり、二頭筋ふくらみ、一杯のほうれん草をポパイががつがつ食べているようだ。                            
                 
An unusual nose evoking herbs, soft fruits, slate, lemon juice on oysters and boquerones en vinagre – one panellist imagined the enemy ships burning at Trafalgar (wood, tar, wicker, canons and gunpowder). The palate had black jacks (liquorice and blackcurrant), lavender perfume and herbal hints – a sweet, smoky, salty combo that promised more dirty fun than Adam and Eve in the Fall. The reduced nose was rather masculine – rock-pools, matchboxes, damp woolly jumpers on radiators and dried penguin in Shackleton’s hut. The reduced palate had liquorice, dry ash and olive oil – definitely an eyeball-rolling, bicep-bulging, spinach-guzzling Popeye hero of a dram.  

Member Reviews
商品レビュー
  • Nose
    Taste
レビューを追加»